古いiphoneを買取する場合に気を付ける事

タンスの奥底に眠っている様なちょっと古いiphoneを買取してもらいたいと思った時に、重要になってくるのがそのiphoneのOSが何なのかという事です。何となく売る際に、バージョンを細心にしておいたほうが良いのではないかと思って、起動をして最新のOSにバージョンアップしちゃう人がいるんですが、それをする事によって、買取価格に差が出てきてしまう可能性があります。実は、iOS7のままで買取をしてもらうのと、iOS8にして売るのでは、大きくて2万円前後も価格に差が出てきます。ですので、もしもタンスの奥底に眠っている様な古いiphoneを売る際には、ご丁寧にiOSをアップデートしないで、そのままにして専門業者に持って行くことをおすすめ致します。そうすれば、思った以上の高値を付けてくれますので、何だか得をした気分になる事でしょう。

iphoneを買取に出す

1年に一度新機種が発売されるiphoneですが、それを購入した場合古い機種の扱いに困ることがあります。そのまま使い続けることは難しいですし、押し入れに入れておくのも非常に勿体ないです。そこでお勧めなのがiphoneの買取サービスです。ブランド力の高いiphoneは中古品であっても、かなりの高値で買い取ってもらえます。一世代前の機種では数万円で取引され、新機種購入の資金にすることができます。ほとんどキズのない本体であれば、さらに高値を期待することができます。ブランド力はありますが、長い間放置するのはあまり良くありません。放置している間にその価値はどんどん下がっていきます。利用しないと決めたのであれば、すぐに買取専門の店舗へ持っていくと良いです。その時に忘れていけないのは、本体に保存されているデータの存在です。必ず削除するようにしましょう。

古いiphoneは買取してもらうのがお勧めです。

iphoneの機種変更などをした後、古い機種をデータのバックアップ用にとっておくという方は少なくないでしょう。新しい機種に何かあってもバックアップ機種があれば少なくともその日付まではデータを戻せるので安心します。しかし、もっと有効な活用方法があります。それはiphoneを買取してもらうことです。サイズや厚さ、操作性など機種によって大きな違いのあるiphoneは古い機種がいまだに根強い人気を誇っていることがあります。しかしどの携帯ショップに行っても店頭では古い機種は扱っていないことがほとんどです。そういった場合は買取業者を通じて古い機種を手に入れることになり、業者側も古い機種をぜひ売ってほしいと考えています。多少の傷や汚れがあっても買い取ってもらえることがほとんどです。データのバックアップはネットやパソコン上で行い、古い機種は買取をしてもらうのが賢い方法としてお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*